アケビ(学名:Akebia quinata

葉 : 5つの楕円形の小葉が手のひら状につく複葉で、互生する。
花 : 4~5月に淡紫色の花が咲く。木は雌雄同株であるが雌雄異花。先端は雄花、基部は雌花。
果実 : 成熟した果実の果皮は心皮の合着線で裂開し、甘い胎座とそこに埋もれた多数の黒い種子を裸出する。

どんな植物なの?

アケビは、本州、四国、九州の山野に普通に見られます。
つるを延ばして他の物に巻きつき、古くなると木質化します。
9月~10月にかけて果実をつけ、紫色に熟すと裂開します。

中の種子は黒く、光沢があるのが特徴です。
(アケビ科 蔓性落葉低木)

種の旅の特徴

果実には甘味があり、鳥や獣に好んで食べられて、中の種は動物たちの体の中では消化されずにそのまま糞と共に体外へ排出されます。

アケビの実の外皮は固く、秋頃に緑色だった実が大きくなり、紫色に変色します。
これは紫などの色にすることで鳥たちによく見えるようにアピールをしているのでしょう。熟した実は割れ、ゼリー状で中に黒い小さな種子がたくさん入っているのが見られます。

この種子の外皮は動物たちの体内で消化されないように硬い皮で包まれているため、種子の機能を保ったまま、動物たちによって様々な場所へ運ばれます。