オニグルミ(学名:Juglans mandshurica

葉 : 葉は5~9枚が対になっている。大型の奇数羽状複葉。
形状は卵状長楕円形で、べとつきがある。
花 : 花期は5~6月ごろ。風媒花で雌雄同株。
雌花の柱頭は赤くよく目立つ。
雄花は、たくさん集まって、穂のように垂れる。
果実 : 食用になるが、広く市販されるものと比較して種子が小さく、殻が厚めで非常に固い。

どんな植物なの?

日本では九州から北海道にかけて広く分布し、川沿いなどの湿った場所に多く生えます。
オニグルミは、ゴルフボールぐらいの緑色の実を、ブドウの房のように10個ほどつけます。

この熟す前の状態では、肉質の外皮はタンニンを多く含み、熟すとボロボロになって剥がれます。
(クルミ科 落葉高木)

種の旅の特徴

親木から地面の上に落ちた実は、アカネズミなどに運ばれて旅をします。
一部の実は、冬を越すために地面の中に埋められます。
春に食べ残された実が芽を出します。

実の中には、子葉となる部分に栄養分の多い油脂がたくさん含まれます。
動物に運ばれる以外に、川沿いなどに生えるため、水に流されて旅をする場合もあります。