ガガイモ(学名:Metaplexis japonica

葉 : 縦長の心臓形の葉が対生する。
花 : 8~9月に、葉腋から出た集散花序に白~淡桃色で1cm程の花を咲かせる。
果実 : 大型の紡錘形の袋果を作り、中に毛の生えた種子を多数含む。

どんな植物なの?

原産は日本(九州以北)のほか東アジア一帯です。
田畑や河川敷に生えている植物です。
名前の通り、地下茎で広がり、細いイモができます。

実の中で種子は、「種髪(しゅはつ)」という種皮からできる白い毛玉をたたんだ状態で、
ぎっしりと詰まっています。
(ガガイモ科 蔓性多年草)

種の旅の特徴

実が熟して縦に裂けると、種髪を丸く広げて飛び旅立ちます。
冬の晴れた日に、まるで重さがないかのようにふわふわと浮いて風に漂います。

これは、種髪の繊維がミクロン単位のとても細いものからできているためで、そのおかげで、空気の粘性が大きく作用して重力を打ち消し、ふわふわと浮いて風に舞うことができます。