ダイオウマツ(学名:Pinus palustris

樹高 : 20~40m以上。
葉 : マツ属の中でもっとも長い葉を持つ。
葉は太い枝に密生し、3本ずつ出る三葉松であり、
平均的なマツの葉の長さ3~4cmに対し、
老木では20~25cm、若木では長さ40~60cmになる。
花 : 花期は4~5月頃。花は鮮やかな赤紫色。
果実 : 球果(マツカサまたはマツボックリ)は長さ15~25cmと大きい。
軸を中心に、木化した果鱗(かりん)がらせん状にくっついていて、
種子は果鱗の裏に2つずつある。

どんな植物なの?

原産は北アメリカ東南部。庭園や公園などで主に観賞用に植栽されています。

マツの仲間でも最も長い葉を持ちます。
ダイオウマツの球果は、ほかのマツの仲間に比べて非常に大きく、長さが15~25cmとヒトの手のひらくらいあります。
(マツ科 常緑高木)

種の旅の特徴

果実が熟すと、晴れた時に開いて、種子についている翼に風を受けて回転しながら飛びます。