ツクバネ(学名:Buckleya lanceolata

樹高 : 高さ1~2m。
葉 : 葉は長さ3~10cmの卵形または長卵形で、先は長くとがる。
花 : 花期は5~6月。雌雄異株である。
雄花は花弁がなく、雌花は4弁花で両方緑色をしており目立たない。
果実 : 4枚の羽根がついた種子が秋に枝先に、ぶら下がっている。

どんな植物なの?

和名の由来は、実が羽根突きの羽根に似ていることから来ています。
葉は、対生で卵型をしているのが特徴です。

根は、ほかの木に半寄生し、宿主の植物から水分や窒素分などの栄養を吸収しています。

苞(ほお)が羽根のように残っている果実が、
羽根突きの羽根(衝羽根)に似ており、この特徴が名前の由来になっています。
(ビャクダン科 落葉低木)

種の旅の特徴

4枚の羽がついており、ヘリコプターのようにくるくると回転しながら落ちます。

羽の長さが3.5~4.5cmあり、落ちる前に風に流されることで移動ができます。