ヌスビトハギ(学名:Desmodium podocarpum

葉 : まばらにつき、頂小葉は菱状の卵型で、先端がとがる。
花 : 花期は8~10月で、ちょうのような形をした淡紅色の花をつける。
果実 : 果実は扁平で3~6節に分かれる。
各節間は三角形に近く、下縁は急角度に曲がり、
上縁はほぼ直線状、各節に1種子が入る。
表面はかぎ状に曲がった毛が密生する。

どんな植物なの?

果実の形が盗人の足跡に見えるのでこの名前がついたと言われています。
山の草地や林などに生えます。葉はまばらにつき、頂小葉は菱状の卵形で先端がとがっているのが特徴です。

また表面は毛が少ないが、裏面は毛が多く淡色をしています。
チョウのような形をした淡紅色の花をたくさん咲かせます。
(マメ科 多年草)

種の旅の特徴

「ひっつきむし」の一種で、この果実の表面にはカギのようになっている毛があり、それを動物の毛や、ヒトの衣類にくっつけて旅をします。
果実のなかには「豆果」と呼ばれる豆の形をした種子が入っています。