マテバシイ(学名:Lithocarpus edulis

樹高 : 高さ15m、直径60cmほど。
葉 : 樹皮は灰黒色でなめらか。縦に白い筋がある。
葉は互生でらせん状につき、枝先に集まる。
葉身は5~20cm、幅3~8cmの倒卵状楕円形、厚い革質。
花 : 花期は6月頃で、穂状で全体が黄色い。
果実 : 堅果(ケンカ)で、長さ1.5~2.5cm。翌年の秋に熟す。
長さは2~3cmで、ほかのドングリに比べて、
殻斗(カクト 帽子の部分)がつぶつぶ状になっている。

どんな植物なの?

本州~九州の沿海地の林野に植栽していますが、もとは九州の自生です。

葉は15cmより大きくなることがあり、また厚いため、防風や防火によく使われます。
(ブナ科 常緑高木)

種の旅の特徴

果実は一般的に「ドングリ」と呼ばれる堅果をつけます。
また、果実にはタンニン(渋み)があまり含まれていないので生食できます。
アカネズミなどによって地面に植えられ、食べ残されたものが翌年に発芽します。