マホガニー(学名:Swietenia mahogani

樹高 : 樹高20~45m、直径2mまで生長する。
葉 : 長さは約5cmで、10~11月に暗褐色になる。
花 : 花期は5~6月に淡黄色で小さな花を咲かせる。
互生し、偶数羽状複葉となる。
小葉は卵形や卵状長楕円形で、先はとがっています。
果実 : 卵形をしており、長さ5~6cm程度の大きな翼をもつ。
10~11月に熟し暗褐色に変色する。

どんな植物なの?

中米および中南米に分布しますが、造林樹種として東南アジアやアフリカに植栽されているセンダン科の広葉樹で散孔材です。

熱帯各地で栽植されており、主に私たちは昔からギターやピアノなどの材料にしています。

また世界の三銘木の一つとして有名ですが、自生したものを見るのは現在では難しいとされています。
(センダン科 常緑高木)

種の旅の特徴

果実は、裂開するときに5つに割れます。種子は偏心構造の大きな翼を持っており、回転しながら揚力を発生し、風によって散布されます。

現在、乱伐によってマホガニーは種(シュ)の絶滅が危惧されており、取引が規制されています。