ヤマモモ(学名:Myrica rubra

樹高 : 10m~20mほどの高木。幹は太くなると灰白色の樹皮に覆われる。
葉 : 5~10cm程で、長楕円形。密に互生し、多くは枝先に束生する。
革質で先がとがっている。
花 : 花期は3~4月。雌雄異株で、雄花には赤い葯(ヤク)がつき、雌花の花柱は赤い。
果実 : 6月頃につき、表面に粒状突起を密生する。
夏に黒赤色に熟し、独特の松ヤニ様の風味で甘味や酸味が強く、多汁。

どんな植物なの?

中国大陸や日本を原産とし、暖地に生育し暑さに強いです。庭木や公園木などとしてもよく植栽され、実はジャム等に、樹皮は染料や漢方薬になります。

和名の由来は山に生え、モモの様な果実をつけることからです。放線菌と共生しており、空中窒素の固定能力があります。
(ヤマモモ科 常緑樹)

種の旅の特徴

ヒヨドリなどの野鳥、イノシシやサルの動物たちが食べることで、種子散布されます。
実の食べる部分は、外果皮が膨らんだもので、中に大きな種子が含まれています。
赤く目立つ色をしていることも動物たちにアピールし、種子散布につなげています。